有限会社秋山デンソー

車検整備Maintenance

車検整備について

Lead storage battery

自動車の検査有効期限が決められているため、一定期間ごとに「継続検査」を受ける必要があります。
この検査を受けなくては公道での走行は認められません。この継続検査が【車検】と呼ばれるものです。
弊社は国家2級整備士が隅々まで点検分解し、保安基準に適合できるか否かを細かくチェックします。

車検の流れ

  • STEP1

    STEP 1.

    車検は満了日を迎える1ヶ月前より受けることが可能となります。お電話かメールにてご予約ください。
    気になる点などありましたら、受付時に弊社の技術者へお伝えください。受付完了後24ヶ月点検となります。

  • STEP2

    STEP 2.

    専用リフトで車両を上げ、タイヤを外し、ブレーキオイルの漏れやパットの残量を確認します。
    トラブルがあった場合、お見積りの上改善作業を行います。

  • STEP3

    STEP 3.

    トルクレンチを使い各所の増し締めを行います。

  • STEP4

    STEP 4.

    作業完了後、テスターにて下記項目の測定及び調整を行います。

    • ブレーキ測定
    • サイドリップ測定
    • ライト調整
    • 排気ガス測定
  • STEP5

    STEP 5.

    車検場に持ち込み、最終検査を受けます。検査終了後、新しい車検証が発行されます。

車検価格

車の種別 基本点検料 保安基準検査 検査代行料 車検申請書類台 諸費用及び整備費
小型車 18,000円
(税別)
4,500円
(税別)
8,000円
(税別)
1,200円
(税別)
諸費用車種により税金や
自賠責保険料が異なります。
整備料者の状況により異なります。
中型車 20,000円
(税別)
大型車 22,000円
(税別)

メンテナンスについて

Lead storage battery

カーライフはメンテナンスで変わります。
弊社ではお客様の「軽快・楽しい・安全」なカーライフのお手伝いをさせていただいております。

エンジンルーム

  • エンジンオイルとはエンジンを潤滑内部洗浄・冷却しながら循環するオイルのことです。
    基本的な交換サイクルは3000㎞~5000㎞走行ごとにとお考え下さい。

  • ベルトのヒビ割れならびにプリーベアリングの異音を調べます。

  • リザーブタンクキャップのパッキンのヒビ割れの点検をします。

駆動系

  • トランスミッションのスロットルボディーのオーバーホールをします。

  • ブレーキホイールシリンダーのオイル漏れやブレーキライニングの残量を調べます。

  • デフパッキンを交換する時にデフ内部の異物を確認します。

  • ドライブシャフトブーツのヒビ割れならびにブッシュのヒビ割れを確認します。

電装系

  • バッテリーのターミナル部の液漏れを点検し、ターミナル接触不良を直します。

  • 旧型ベンツ、ミニクーパー、旧型アメ車のオルタネーターを作製・販売しています。

  • エアコンガスの圧力点検旧R12フロンガスですとエンジンをかけてエンジン回転2.500RPMで
    低圧2K高圧12Kで外気温24度で正常値です。暑い日は高圧が外気温の半分ぐらいが正常値です。

PAGETOP